2012年08月02日

mixiチェック
8月に入り、夏真っ盛り。冬が長いから、短い夏をまるで蟻のように私を含め働きまくる人たちばかりの田舎。とにかく忙しい忙しい忙しい。毎日があっという間に過ぎる。気づいたら、伝兵衛さんと房之助さんの北海道ツアーまであと一ヶ月となっていた。

宣伝しなければっ!

今回、音楽屋として佐呂間町ではやらない。多くのひとに聞いてもらえるよう常呂町の浦西さんの団体と共同で開催したい旨、スタッフの方にお願いをしたら快く引き受けて下さり「ところ☆こころプロジェクト」という主催名で開催することになった。常呂町と佐呂間町は片道40キロくらいの近隣。常呂町は北見市とH18年に合併して「北見市常呂町」になった街。ここには音楽好きのご住職がいらっしゃるお寺がある。「常楽寺」というそのお寺は今ではすっかり「ライブ寺」となっていて、檀家さんも音楽を一緒に楽しんでくれるステキなお寺。ここで伝兵衛さんのライブが出来たら良いな〜とかねてから思っていたのもあって、今回房之助さんとのDUOになるので是非!とお願いしたら速攻OKを頂いた。これも浦西さんのお陰です。ありがとうございます。

で!詳細です。


2012.09.08(土)

会場:北見市常呂町 「常楽寺」



大きな地図で見る

開演 18:30
開場 19:00
前売 2,500円
当日 3,000円

お問い合わせ
うらにし 090-8901-4030
こくふがた090-9437-7024

主催 ところ☆こころプロジェクト

でんふさポスター


網走管内では「常呂町」だけのスペシャルライブ!
ブルースシンガー房之助さんのファンのみなさん、ぜひ常呂町にお集まり下さい!唄う旅人伝兵衛さんのファンのみなさん、ぜひ常呂町まで来て下さい!必ず、ご満足いただけるステージとなりますのでお見逃しなく♪

〜こまちゃんからのオススメ〜
常呂町の常楽寺がある場所から、少し歩くと「オホーツク海」があります。その近くに「じゃべりたい」という、映画『シンプソンズ』舞台の一つとなったカレーの美味しい(伝兵衛さんも石井ちゃんも絶賛!)喫茶店があります。宿泊できる旅館もあります。美味しい洋食レストラン「ブレ」(ピザやパスタがなまらうまいっ!)もあります。ホタテもありますw 栄浦にある「ワッカネイチャーセンター」に行けば、サロマ湖とオホーツク海を結ぶ「湖口」まで、馬車や自転車で行くことが出来ます。オリンピックにも出場したカーリングの練習場もありますがこの時期はカーリング見れないかw「ところ遺跡の森」では、約4千年前の遺跡が見ることができます。・・・要するに観光するにもってこいの場所ということです(笑) 遠くからいらっしゃる北海道に興味のある方にも来て頂きたく。心からお待ちしております!


☆出演者プロフィール☆

ー 近藤房之助 ー
fusa2


1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY “BLUE”BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。2011年クラブミュージックシーンの鬼才プロデューサーのSWING-O a.k.a.45をサウンドプロデューサーに迎え、若手FUNK BANDたちとのコラボレーションによって作り上げたファンク&ソウルカバーアルバム「黒くなれ」を4/20にリリース。
http://www.fusanosuke.net/

ー 伊太地山伝兵衛 ー
den


1957年大分県別府市生まれ。活動の主をライブとし、全国で展開するその数は毎年200本を越えるツアーミュージシャン。慶應大卒、もと銀行員の経歴を経て94年東芝EMIから「WESが聴こえる」でメジャーデビュー。既成概念にとらわれず自由なスタイルで多数のアーティストと共演。フォーク、ロックを好んで弾いていた70年代の思春期、アストラッド・ジルベルトの複雑なコードテンションの響きに魅了され、このボサをきっかけにウエスモンゴメリーやマイルスデイビス等、次第にジャズの世界へとのめりこんで行く。85年に上京し、ギターデュオからのライブ活動が後にメンバーを加え、87年バンド「伊太地山伝兵衛商会」となる。近藤房之助・桑名正博・上田正樹・加川良・木村充輝(憂歌団)・山崎まさよし等と全国各地で共演し、93年初アルバム「WESが聴こえる」リリース。翌94年東芝EMIから「WESが聴こえる」でメジャーデビューを果たす。デビュー以降、そのステージスタイルは柔軟性を増し、佐山雅弘&石井康二とのジャズトリオユニット→ダストや、そこに村上"ポンタ"秀一を迎えた→ダスト+ポンタ、弦楽四重奏を加えた伊太地山弦楽団など様々な形で2012年までに全16タイトルのアルバムを発表する。
http://www.fssweb.jp/den-bay/






(21:48)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字