2012年11月28日

mixiチェック
11月23日から27日まで、一人旅してきた。東京で一人暮らししている息子に逢いに。会津に居る友達が新潟に引っ越す前にもう一度思い出の会津で時間を過ごすために、そして鎌倉に住む友達に逢うために。もう一つの目的は原発の事故から1年8ヶ月経った今の北海道と本州の放射能汚染がどのくらい違うかを再確認するために。

23日自宅内で
IMG_2748


女満別空港 晴れ このあと雪が吹雪き出発が遅れる。
IMG_2749


羽田空港着
IMG_2751


空港外で
IMG_2752


霞ヶ関へ
IMG_2755


脱原発のテント
IMG_2757


ふくしま集団疎開裁判抗議行動
IMG_2766


中野駅前のアーケード街
IMG_2768


おふくろの味
IMG_2770


アパートの外
IMG_2774


中野サンプラザを眺めて
IMG_2776


高速バスで会津へ!
IMG_2777


バスの中
IMG_2779


あぶくまパーキングエリアにて
IMG_2781


猪苗代駅前
IMG_2782


会津若松駅前
IMG_2783


会津の夜 炭焼き屋さん。これ、お通しw
IMG_2786


串焼き、でかいレバー
IMG_2787


串焼き、でかい鶏の写真撮影w
IMG_2788


唄うたい「ぺ様」の居酒屋ライブ。おばちゃんファン若干1名w
IMG_2792


宿のロビー
IMG_2793


客室にて
IMG_2794


宿の朝食 お茶は飲みませんでした。
IMG_2795


宿の喫煙場所
IMG_2796


磐梯山
IMG_2797


五色沼の駐車場
IMG_2798


美女二人w
IMG_2799


巨大な鯉を写すおっちゃんw
IMG_2804


五色沼の案内図
IMG_2812


毘沙門湖の蒼さ。。。
IMG_2816


喜多方ラーメン「まるや」 うめーうめーうーーーめがっだー!
IMG_2821


今回でなんと4回目の「居酒屋 ばんげや」 またここで呑めてほんと嬉しかった。
IMG_2823


待ってました!ばんげやの馬刺!!
IMG_2824


高遠そばの辛いこと美味いことw
IMG_2827


そしてデザートw
IMG_2829


会津へお寄りの祭は是非こちらのお店をご利用下さい♪
IMG_2831


高速バス内から。またねー!磐梯山!! 
新潟に引っ越しちゃう友達だけど、また会津若松でみんなで飲めたらいいな。
もちろん、新潟で日本海のうんまい魚で一杯♪も!
IMG_2837


ーーー

午後2時半頃池袋駅から新宿湘南ラインに乗り換えて大船駅に着いたのは午後3時50分頃。風雨がひどくて持っていった折りたたみ傘をさしながら待ち合わせの場所へ向かおうとうするがどこか解らず。携帯で場所を聞くと私が降りた場所は全然違うとこで携帯で誘導してもらった。お迎えのクルマを見つけてほぼ一年半ぶりの感動的な再会は風雨で飛ばされちゃったけど、短くした髪の友人は相変わらずかっこよくて...♡元気そうで良かった。友人のお家に招かれてご家族と約1時間おしゃべりしてきた。もっとゆっくりしたかったけど次の予定があったし夕飯の時刻だったので失礼してきた。初めてあったご家族に「また来て下さいね」と言われてとっても嬉しかった。来年はもっとゆっくり時間を過ごせるよう設定しなくては!ね♪ ありがとう。逢えて本当に良かった。握手した手の温もりに約束したょ。

ーーー

ほんとは「和・豊田」というお店に行く予定だったんだけど予定変更で「あぶりや宵の口」で鎌倉の友達と再会。

いつもオシャレな友人
IMG_2839


串焼き盛りとモツ煮
IMG_2840


マグロテール これ、うまいっす!
IMG_2841


生グレープフルーツの酎ハイを頼んだらまるまる一個のグレープフルーツw
お向かいには友人のKちゃん♪(可愛いので顔出ししませーんw
IMG_2842


お店のお兄さんから貰った新潟の長アゲを目隠しでビール飲むおばさんw
IMG_2856


大船の朝
IMG_2848


宿の客室
IMG_2850


大船から横浜へ。横浜からリムジンバスで羽田へ。羽田空港でいつも食べるカレーでこの旅の〆。
IMG_2851


東京は、良い天気♪
IMG_2852


北海道は、吹雪き♪
IMG_2855



ーーー

こうして4泊5日の一人旅は終わりました。エアーカウンターを持って放射線量を測りながらの旅だったけど、やっぱり汚れているんだな〜と思うと切なくなった。東北道の景色を見ながら、普通なのに普通じゃない。この道路を行き交うクルマが飛ばすチリやホコリ、あの山、あの木、あの畑。。。野焼きしてるあの煙。。。木屑を燃やすバイオマスの煙。。。すべてに降り注いだモノが人々を痛めつけてる。街並や家並みを見ると避難区域じゃない人たちの「避難」ってほんとうに難しいんだろうな〜と思ってしまう。経済的なこと、子供に与える影響など考えて除染しながら不安だらけで闘っている人。どうしようもなく考えることを止めてしまった人。もしかすると国や東電や専門家の人たちの言うことを聞いて「大丈夫」と思っている人もいるんだろう。私は何もできないけど、それをしっかりと受け止めて周りの人たちに話すことはできる。きっと忘れちゃってる人に話しても興味ないからちゃんと聞いてもらえないかも知れないけど、折りに触れて話して行けたらいいな。ずっとずっと「脱原発」「集団疎開」を小さな声だけど訴えていきたい。3.11前にはもう戻れないから。

空港でひとつひとつ旅の思い出を思い出してたら感傷的になっちゃって、みんなの暖かさに触れてこれてほんとよかったな〜と思うと涙あふれた。元気に動けるうちは、せめて1年に1度は「一人旅」を計画して続けたいな〜と。離れていても「友達」はいつまでも「友達」なのだから元気な様子をお互い確認できる機会を作って行きたい。お互いどんな環境にいても頑張って生きていれば、再会できるんだもんね。まだまだ行きたい場所会いたい人はいっぱいだから行けるように元気で頑張らなくちゃ!

帰ってきて「お帰り」といってくれた地元の友達に笑顔で「ただいま」って言えて良かった。


(22:41)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字