2013年12月02日

mixiチェック
気分は"音楽を楽しむ”という感じではない。
ましてや”ライブ”なんて。

別に、喪に服してるわけじゃないが
楽しめないと思うから。

まだ、まだなんだな。


ーーー

そんなとき、大塚まさじさんのライブが
常呂町でやるんだよと、知人から聞いた。
行けないな〜と思ってはいたけど
大塚さんといえば・・・

ーーー

純粋に聞きたい!と思って
行こうと思ったのではないのは
失礼な話しなのだけど

私にとって、大塚さんのライブは
「音楽屋」を始めるにあたって
参考にしたライブだった。

そこで、アフリカ太鼓を叩く砂川さんを見た。

そのライブで、大地の鼓動を感じた。
裸足で大地の鼓動とともにリズムをとり
自然と人とのコミュニケーションを取る。
感動したのだ。

そして、音楽屋のHPを始めたとき
掲示板のタイトルを
「裸足でコミュニケーション」と付けたのだ。

こうして「音楽屋」は始まって行った。

リクオさんのライブから始まり
三宅伸治さんや瀬木さん
佐山さんと続き、伝兵衛さんにたどり着いた。

常呂町でのライブは
様々な人との繋がりがあった。
アフリカ太鼓の砂川さんは
三宅伸治さんと仲良しなのを知った。

絵を描く沢田さんとリクオさんが
仲良しだということも。


ーーー


伝兵衛さんと知り合って
大塚まさじさんが
アマチュア時代の伝兵衛さんに
北海道をすすめていたのも。

時を経て
伝兵衛さんが北海道へ来るようにしむけたのは私だけど
それよりも、ずっとずっと前から
伝兵衛さんと北海道は
大塚さんを通じてつながっていたのだ。


ーーー


そんなことを、いろいろとさまざまと思い出すと
大塚さんのライブを聞きに行こうかなと思った。

ただ、そこへ行き
大塚さんの唄が聞ければ
それでいいな。

しかし
やはり
そうは、行かなかった。

大塚さんのライブなので
伝兵衛さんの話題なしで
聞きたかったのだけど。

しかし
やはり
そうは、行かなかった。

前日入りしてた大塚さんは
伝兵衛さんのライブをいつも主催していた方から
話しを聞いていたようだ。


ーーー


大塚さんは、若々しかった。
初めて見たライブの時と変わらない。
お元気で、あれから10年経ったと
思えないほど。

懐かしい唄が、飛び込んでくる。
目をつむりながら、いろいろな思い出
思い出しながら、聞く。

サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート
が、出て来なかった。

よかった。

と、思っていたら
アンコールのおまけに
きた。

泣かなくて済んだと思ったのに
やっぱり、泣いてしまったな。


ーーー


打ち上げに参加させてもらった。
折りに触れて、少しだけ
お話させてもらった。
伝兵衛さんの話しはしなかった。

しばらくぶりに
大塚さんの唄を聞いて
思い出した事があったことを
ひとつ、ふたつ。

だけど
気を使って下さったのだろうな

帰り際、優しい瞳で送って下さった。


ーーー


大塚さんのライブなのだ。


ーーー


行ってきて良かった。
素直にそう思える時間を
自分で選択して得た。

これでいいのだ。



画像1

















(22:15)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字