音楽雑記

2015年10月24日

mixiチェック
1
今年も懲りずにやってきます。ピアノトリオラテ。今年で佐呂間町でのラテライブは10回目になりました。毎年1回の開催なので、10年目ということになります。2006年11月3日がラテライブ第1回目でした。振り返るとこの年は佐呂間町で竜巻があった年でした。ラテライブの4日後の7日でした。台風による大雨で増水した川で道路が削られたり、地震で津波警報が出たりと自然災害続きだったこと思い出します。

第2回目から、地元のゴスペルクワイヤのP.P.スパロウズがラテの演奏で歌うという"おいしい"企画で開催し、味をしめたP.P.スパロウズは毎年「ラテ」の演奏で歌うことになりました(笑)。でも、10回も続けてこられたのは、私は、P.P.スパロウズのおかげだと思っています。地域密着型?というのでしょうか。佐呂間町で歌を楽しむ人たちと共演するというスタイルが、ラテのライブ開催をここまで引っ張ってくれたと思っています。音楽屋として、とても嬉しく、ありがたいと思っています。

そして、毎年、快くライブ会場として提供してくださる「日本キリスト教会佐呂間教会」様には、今後ともよろしくお願い致します!です。ほんとに、いい音を気持ち良く聞かせてもらえる場所です。

足を運び慣れてない方には敷居が高いかもしれませんが、集まる人たちは地域の人たちなので、興味を感じている皆様にも、気楽に来ていただけたらと思います。初冬の夜に、いい音と楽しいリズムを体感してみませんか?

ジャズ、ファンク、ラテン、フュージョン、ゴスペル、そしてJ-Popから演歌までの"Latte ジャンル"!3人が織りなすポップでキャッチーなステージを、どうぞお楽しみください。
 
       日 時 : 2015.10.24(土)
       会 場 : 日本キリスト教会 佐呂間教会
       開 場 : 18:30
       開 演 : 19:00
       料 金 : 2,000円(高校生500円)
       主 催 : 音楽屋

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


と、まあそんなわけで
今日はLatteのサロマライブの日。

眠いです。
なぜかっちゅーと
夜更かししたからです。
なして夜更かししたかっちゅーと
今日のサプライズ準備してたのです♪

こんなのとか
2015-10-23-23-26-22

こんなのをつくってw
2015-10-24-00-31-23

キラキラくす玉作りたかったけど
思い立ったのがライブ開催前日だってことで
家にあるものを使って「なんちゃってくす玉」を
しーちゃんが作ってくれました。

そして、たっくがクッキーを50枚も焼いてくれました。
これは私か以前「クッキー焼いてほしいな〜」と
お願いしていたことで、ライブ当日は札幌へ行くので
「焼けないな〜」と言っていたのに
急きょ、前日に焼いてくれたのです。

10年前はまだ中学生と小学生だった子供たちが
大人になって、手伝ってくれた。
ありがたいですゎ。

このサプライズは、私からの感謝の気持ち。

Latteライブがこうやって10回も続いたのは
家族の協力もあったけど
やはり、ライブに来てくださるお客様と
町内のゴスペルクワイアのP.P.スパロウズが
毎年楽しみにしてくれていたことに限るな〜と。

なので、お客様とP.P.スパロウズのメンバー
そして、陰で支えてくださる人たち
音楽屋のスタッフ、Latteのメンバーへ
「#10」のクッキーをプレゼント。

なのでした。

全部自分でやらなかったけどw


ってことで
本日の、Latteライブ。


おたのしみに〜v( ̄∇ ̄)v
2015-10-24-00-56-03



さて、もうひとつのサプライズ。
どうすべ?w



(10:45)

2015年07月11日

mixiチェック
Dear Friend

いきなり30度まで上がった金曜日。
熱にやられてフラフラ。
飲めば治る!そんな夜。

都会では一万人を超す
「戦争法案反対抗議行動」
誰だって”戦争”は嫌だ。

そんな夜
友へ贈るブツを作成しながら
「Dear Friend」を聴く。

ーーー

リリース当初、知ってはいたけど
あの頃は、触れたく無い気持ちも手伝ってか
スルーしていた。

4月のツアーで石井ちゃんから
「これ、聞いて」と手渡されて
リリース時に飛びつかなかったことに
後ろめたさ感じながら受け取った。

これ聴いたら、やばいんでないべか
とか思いつつ
ちゃんと、聴こう。
って、聴いたら、、、

思った通りだった。
伝兵衛さんに贈る作品でないかー!

伝兵衛さんのアルバムで
いつも、いい仕事してる石井ちゃんのベースが
ダイレクトにジーーーンとくる。

一曲、一曲、丁寧に歌う
ルミコさんの声が伝わる。

なるなるの、あんときのあの音じゃなく
一皮向けたいい音とリズムが
うずうずさせるw

大切に聴けば聴くほど情景が
アルバム作った人たちの思いが
伝わって、、、

わやw

いろーんな、思いが膨らんで
いろーんな、質問が頭を巡って
自分がうるさく感じるくらい。

おとなしく聴けよ!w

きっと、演者を知っているからなんだろうなぁ〜
きっと、レコーディングした場所を知っているからなんだろな〜

伝兵衛さんはレコーディングしてるとき
たまに様子を知らせてくれていた。
私は想像していた。
だから、想像するのは難しく無い。
ベースの音を聞くと、それがわかる。
たぶん、いま、笑ってる とか
たぶん、いま、ノッてる とか
息遣いまで。。。

あの曲も
あの歌も
あの演奏も

かなり、ハマる。


伝兵衛さん、いいアルバム贈ってもらってよかったね。

彼らに残した伝兵衛さんの”みちしるべ”を
彼らがちゃんと歩めるよう
私は、できる限り助けるから。


ーーー


遠くの友は、みな、何をしているだろうか。
毎日を楽しく過ごしているだろうか。
楽しそうに見えても、実はしんどいんでないか。
世の中おかしくなってるから
ひきずられなければいいなぁ。

未来は自分でつくるものだから
誰かが助けてくれるとか思っていたらだめだよ。
ちゃんと、自分で
生きていく術を身につけて、いかねばね。

余計なお世話か?w


ーーー

このアルバムで好きな曲がある。

「教えてください」

歌詞はどうやって作ったのかな。

♫ビールの泡も グラスの水滴も
 しらけた時間怖がって とりつくろっているのさ♫

ここ、だいすき!!

私のツボを押す、押す!w


ーーー


時代は加速して
思わぬ状況になりそうで
怖い。

しかし
怖がっていても仕方ない。

未来は自分で!



友よ。
ビビっと来た方へ。
歩んで。

元気に再会しましょう!


♫ 明日は 二人で 夢みて 行ける ♫











(00:06)

2015年07月07日

mixiチェック
ここひと月、活動的な一カ月だた。

4月の北海道ツアーが無事終わって
音楽屋主催・秋本 節さんのライブも終了し
畑始まるのをぼんやり待っていたら・・・

PETAさんからメッセージ。
次はA子さんからメッセージ。
とどめに千葉さんからメッセージ。

そろそろ、重たい腰を上げて外に出なくちゃ♪
ってことで、3年?ぶりにライブへ。

いったん腰を上げると軽く?なったせいか
常呂町のライブにも1年半ぶりに行ってきた。
2013年12月だっけな?
大塚まさじさんのライブ以来。

勢いに乗って、紋別へも♪


□■□■こまちゃん活動期入り!□■□■


5月29日(北見市)の千葉さんとPETAさんのライブから
10502317_833765603358953_3811194022509097597_n

6月12日(常呂町) 豊田勇造さんとtrio-phoneのライブ
10421106_840460419356138_7623539548231342590_n

6月23日(常呂町)リクオさんのライブ
10154434_845103088891871_5713746446691203460_n

6月30日(紋別市)の英祐一さんと流さんのライブ
11666165_847954175273429_2624776140808731000_n



☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


ま〜冬になるとまた引きこもり必至なので
それまでの数カ月
会いたい人に会いに、聞きたい歌を聴きに
いきたいと思っている。

そんなライブ三昧な期間中、とても久々な方から
メッセージをいただいた。
房之介さんのマネージャーさんから。
3年ぶりだったなぁ〜。
9月に北海道いきますよ〜って連絡だったのだけど
いろいろ、いろいろスケジュールが詰まっていたり
ライブの準備を整える余裕がなかったりで
今回は”ごめんなさい”だったけど
また機会があったらいいな〜と思う。

そんなときに飛び込んできたのが
伝兵衛さんつながりで知り合ったジャズヴォーカリスト
南ルミコさんからの情報!
ルミコさんの師匠様、黒岩静枝さんの50周年記念リサイタル
このリサイタルのためにルミコさんが北海道入りする♪

昨年も、ルミコさんが北海道来ることをしっていたのに
会いに行けなかったので今回はリベンジ!
日程を調べて、これなら行ける。これは行くべさ〜!
ってことで、さっそくチケットと宿を手配。

決めたら動き始める自分の性格。
相変わらずだな〜と、バタバタな自分がおもしろかったり。。。
でも、最近、ちょいと疲れ気味。
年だからなぁ〜w

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

7月末は沢田知可子コンサートのお手伝いと
その他で、怒涛の3連ちゃんが待っている。。
生きて8月を迎えられるだろうか?(笑)
そして9月はルミコさんに会いに札幌へ。
今年もあと半分
あっというまに過ぎていきそうだ。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


次回、音楽屋の主催ライブは
10月24日のピアノトリオLatteライブ。
その後、冬眠準備〜冬眠〜ひたすら春を待つ。

そして春になったら!!






(13:46)

2013年12月02日

mixiチェック
気分は"音楽を楽しむ”という感じではない。
ましてや”ライブ”なんて。

別に、喪に服してるわけじゃないが
楽しめないと思うから。

まだ、まだなんだな。


ーーー

そんなとき、大塚まさじさんのライブが
常呂町でやるんだよと、知人から聞いた。
行けないな〜と思ってはいたけど
大塚さんといえば・・・

ーーー

純粋に聞きたい!と思って
行こうと思ったのではないのは
失礼な話しなのだけど

私にとって、大塚さんのライブは
「音楽屋」を始めるにあたって
参考にしたライブだった。

そこで、アフリカ太鼓を叩く砂川さんを見た。

そのライブで、大地の鼓動を感じた。
裸足で大地の鼓動とともにリズムをとり
自然と人とのコミュニケーションを取る。
感動したのだ。

そして、音楽屋のHPを始めたとき
掲示板のタイトルを
「裸足でコミュニケーション」と付けたのだ。

こうして「音楽屋」は始まって行った。

リクオさんのライブから始まり
三宅伸治さんや瀬木さん
佐山さんと続き、伝兵衛さんにたどり着いた。

常呂町でのライブは
様々な人との繋がりがあった。
アフリカ太鼓の砂川さんは
三宅伸治さんと仲良しなのを知った。

絵を描く沢田さんとリクオさんが
仲良しだということも。


ーーー


伝兵衛さんと知り合って
大塚まさじさんが
アマチュア時代の伝兵衛さんに
北海道をすすめていたのも。

時を経て
伝兵衛さんが北海道へ来るようにしむけたのは私だけど
それよりも、ずっとずっと前から
伝兵衛さんと北海道は
大塚さんを通じてつながっていたのだ。


ーーー


そんなことを、いろいろとさまざまと思い出すと
大塚さんのライブを聞きに行こうかなと思った。

ただ、そこへ行き
大塚さんの唄が聞ければ
それでいいな。

しかし
やはり
そうは、行かなかった。

大塚さんのライブなので
伝兵衛さんの話題なしで
聞きたかったのだけど。

しかし
やはり
そうは、行かなかった。

前日入りしてた大塚さんは
伝兵衛さんのライブをいつも主催していた方から
話しを聞いていたようだ。


ーーー


大塚さんは、若々しかった。
初めて見たライブの時と変わらない。
お元気で、あれから10年経ったと
思えないほど。

懐かしい唄が、飛び込んでくる。
目をつむりながら、いろいろな思い出
思い出しながら、聞く。

サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート
が、出て来なかった。

よかった。

と、思っていたら
アンコールのおまけに
きた。

泣かなくて済んだと思ったのに
やっぱり、泣いてしまったな。


ーーー


打ち上げに参加させてもらった。
折りに触れて、少しだけ
お話させてもらった。
伝兵衛さんの話しはしなかった。

しばらくぶりに
大塚さんの唄を聞いて
思い出した事があったことを
ひとつ、ふたつ。

だけど
気を使って下さったのだろうな

帰り際、優しい瞳で送って下さった。


ーーー


大塚さんのライブなのだ。


ーーー


行ってきて良かった。
素直にそう思える時間を
自分で選択して得た。

これでいいのだ。



画像1

















(22:15)

2013年01月08日

mixiチェック
ラジオから流れる曲で
数日前から気になる曲が何回も掛かって。

なして気になったかというと
トレイシー・チャップマンの声に似てたので。

けど曲調からして違うな〜と思ったら
やっぱり違ってた。

気になる曲は、Funというロックバンドの
「We Are Young」っちゅー歌だった。



あ〜これがそのPVなんすね〜。
と、見ていたら
きれいなおねいさんの表情がだんだんアブナクなってきて
リンゴの皮むき下手くそだし、そのうち泣きそうになるし
なんか様子が怪しくなってきたど!と思ったら手までむいてるし。。。
むいちゃった手の血で口紅したかと思ったら倒れちゃった。。。

どーゆーのー?w

歌詞の和訳を見るとなにやら失恋ぽい歌でした。ちゃんちゃん。
ってことなのだけど
いや〜トレイシー・チャップマンの声に似てるってだけで
情報探したら幅ひろがっちゃったぜぇ〜(スギちゃん風にw)
みたいな?w

で、最近のトレイシー・チャップマンはどうなのかな〜と
探してみたらあった。髪の毛が長くなってる。


タイトルは「時代は変る」って曲。
1963年の歌みたいだ。
60年代の変革の時代を予告した歌らしい。
聴いていると現在にも通ずる歌詞だな〜と。
歌い上げたトレイシーのかっこ良いこと。。。
なんか、久々に気になる歌を通して
好きなトレイシーに再び逢えた気がした。
トレイシー・チャップマンを知ったのはいつだっけなぁ。
もう10年くらい前になるんだべか。

てか、Funって男子バンドだたのね。
そりゃ〜トレイシーの声は女性ぽい声じゃないけどさ。
しかもロックバンドだったしw

何はともあれ
久々の「新しい出会い&久しぶりの再会」があってよかたな。

もういっこ、Funが歌ってるヤツも載せておこう。


口元よく見てると。。。似てるかもw



(13:20)

2012年10月22日

mixiチェック
何年ぶりだろう?
前回ひのき屋ライブを見たのは、確か遠軽町でのライブだったような...
うむ。覚えてないw
なんか、最近、いろんなこと忘れてる。
「ひのき屋との出会いは、、、あれ?どうやって知り合ったんだっけ?」

ーーー

主催者さんより電話が来たのは確か一週間前。
「お手伝いをお願いしたい」とのこと。
妙に嬉しくてワクワクしてしまった。
詳しくはまた連絡しますと言うことで
私は何をするのかな〜?と考えるとちょと楽しかった。

ライブ前日、連絡があり集合時間をいただいた。
ライブ当日、その時間に間に合うよう家のことやってから出掛けた。

会場は公民館と言えども立派なホールがある。
ここ、借りるの高そうだなぁ〜。
タマネギ倉庫の方が安いだろうに。
なして今回はこの会場なのかな〜。
タマネギ倉庫の方が音いいのに。

お手伝いするためにスタッフTシャツが配られた。
自腹で作ったと言う。
”自腹”と言う言葉に弱い私。
Tシャツを売って頂いた。
と、同時に多分次回からもお手伝いさせてもらえるんじゃないか?と
密かに妄想しながらw

お手伝いは立ってるだけの受付とライブ後の軽い後片付け。
こんなんでよかったんだべか〜?汗汗汗

ーーー

ライブは相変わらずのリズム感と篠笛、太鼓、ギター、パーカッションの
ひょっとしたら「チンドン屋」かと間違えてしまうくらい楽しい音。
珍しく2部制のステージ。
1部はしっかり聞かせてくれて2部はしっかり遊ばせてくれるステージ。
【静と動]で分けて来たな〜。
おかげで1部はちょっと思考停止してしまいましたw

楽しいし、聴き入っちゃうし、自然とリズムとっちゃうんだけど...
ほんとなら一緒に立ち上がってアクションしたり唄ってみたりしたいんだけど
身体の中心からそれが出来なくなってる。冷めてると言うか。

それでもやっぱり楽しかったので、打ち上げに少し参加しようと思った。
少しの時間だけど、スタッフさんと仲良くなれたし
ひのき屋メンバーの皆さんとおしゃべりもしてみたかった。
私を見つけてくれたワタナベさんとおしゃべりしてみたかった。

そう、私とひのき屋の出会いは
ギターのワタナベさんが私を見つけてくれたことがきっかけだった。
2007年のことだったらしい(忘れてるw
そうか〜5年経つんだ〜。

ーーー

打ち上げの時間まで約1時間半あったので、網走から来ているスタッフさんと
久しぶりの北見の街をブラブラ歩いた。10年ぶりに北見の街を歩くんだそうな。
「ずいぶん変わっちゃったわ〜」と見たこと無い建物とか見てワクワクしてるスタッフさん。
そんなフタッフさんにひのき屋ライブのこと、イチ主催者としていろいろ聞いてみた。
なるほど、助成金使って企画・主催してんのねぇ。。。
だから会場は「それなり」の会館を利用したのねん。
私も助成金頂いて企画・主催したことあるけど、ちゃんと会場はどこそこを使うこととか
アレはこれ、コレはあれ、みたいな制約でもないけど「暗黙のなんとか」みたいのがあったから
なんとなーくわかった。

ーーー

打ち上げは楽しかった〜!やっぱり参加してよかった。
たくさんの人と、喋ったり、笑ったりってエネルギー貰えるな〜。
なんか、早く元気出して私も走り始めなくちゃ!って思ったもんw
そうだ。。。実行委員長さんに言われたっけ。
「病気なの?」ってw
私の電話の声があまりにも元気無かったから心配していたそうな。
そうなんです。
実は私、元気ないんです。
こうやって人の集まる場所へ行って元気になるリハビリしなくっちゃ!

ーーー

それにしても驚いたのは
ライブで使われた「写真」に見覚えのある人がおったな〜と思ったら
やっぱしやっぱし、ザッハトルテのウエッコさんだったw
去年から「はこだて国際民族芸術祭」に参加していたらしい。
いつか、8月の「はこだて国際民族芸術祭」に行くぞっ♪
そして、ひのき屋とザッハトルテの
「マイムマイム」を踊るのだ☆




その前に、足腰鍛えるのだっw


ーーー

IMG_2507


IMG_2510


IMG_2513


IMG_2516


IMG_2518


IMG_2521


IMG_2531




独り言ー

 来年のアマチュアライブで「マイムマイム」のコーナー作ろうかなぁ〜w


(20:46)

2011年07月24日

mixiチェック
9月18日の音楽屋主催アマチュアライブ
「オトアマ」に参加することになった
音楽屋のバンド「オトアマバンド」の
第1回目の練習をしました。

今日は、njの旭川ライブを担当した主催者の一人
「はまちゃん」のお誘いで
紋別市の「港祭り」でよさこいを見てきました。
これまでYouTubeでしか見なかった
東神楽よさこいメンバーのみなさんの踊りを
強い日差しをガシガシ浴びながら
あつ〜く観戦してきました。

いや〜。やっぱり大人数で踊る「よさこい」というのは
盛り上がるというか
一糸乱れぬ揃った踊りが感動できてすね。
あまり好んで見ない「よさこい」でしたが
ホンモノを目の前で見ると
いいな〜と思いました。

その後、密かに「ベース」を練習してみたい病にかかっていた私は
紋別の中古屋さんへ行って「ベース」を見つけたのですが
なんとなーく「出会い」に恵まれず
「やっぱし、ベースとは縁がないのかなぁ〜」と思いながら帰宅。
晩ご飯の支度をして、私の電子ピアノと
息子たっくのマイク、マイクスタンドなどなど
車の中に放り込み、しょぼしょぼした目で練習場所へ行きました。

一人500円の会場費を集めて、機材のセッティング。
ドラムスのゴトゥくん、キーボードのあとむさん
ギターのしほちゃんと、ヴォーカルのたっく。
一斉に音を出したら、ドラムに全部の音が消されて
あちゃちゃ〜〜〜!こりゃ練習にならんばい。

ってことで、音響担当のNくんが
パワーアンプとPAとシールドを持って来てくれて。。。

やっとこさみんなの音を、とりあえず聴けるようにしてくれて
いざ!音合わせ!
ドラムのリズムが良かったお陰で、まだまだ練習足らずの
ギターとキーボードとヴォーカルでしたが
トータル的にみると、一応カタチになってました。

練習不足な部分はこれからなんとかなるでしょう。
ただ、音が足りなくて「なんか、軽い」って。
やっぱり「低音」がないと締まらないよねぇ。。。

たぶん、来月になれば
低音の神様が練習に参加してくれそうな。。。
気がするのですが?^^;
さーて。どうなることでしょう?
音楽の神様は、私にベースとの縁を下さるでしょうか?www


とりあえず、課題曲と自由曲の2曲を練習してきました。
次の練習は2週間後!きっと
今日より良くなっていることでしょう!!


今日はなんだかちょっといつもと違う日曜日で
気持ちの良い疲れと一緒に飲むビールが
なまらおいちぃ〜夜でした♪


あ。ポスターつくらんば!!



(23:37)

2011年04月03日

mixiチェック
昨夜、5年前にかいた日記を探していました。

いつだっけな〜。
どこに書いたかなぁ。

と。
見つけました!

ザ・ツアー

そっか。
一潮さんの初ライブは
芦別のディランでの
シバさんと斉藤哲男さんと3人で回ってた
「ザ・ツアー」だったのねん。


5年前の日記。
あまり詳しく書いてないけど
あの日の一潮さんのステージは覚えてます。
「ダンス・パーティの夜」がとても良くって
でも、CDには入ってなくて。
また、聴きたいから
また、ライブをみたい!
そう思ってたのも思い出しました。

芦別からの帰り道。
手に入れたアルバム
「川に住む魚達よ」をかけながら運転してました。
旭川の山や川を視界にうけながら
一潮さんの怒りや悲しさ
慈しみとか優しさを
伸びやかに通る声から感じていた気がします。


写真



ーーー

ディランのマスターから
久しぶりにメールが届きました。
「訃報」と題されたメールには

3/29に高坂一潮さんが亡くなられたということです


と、書かれていました。

そうか。
もうライブで歌は
聴けないのか。。。
そう思いました。

なので、昨夜はずっと手元にあるCDアルバム
「だびよんの鳥」と
「川に住む魚達よ」を聴いてました。


あっちで、恭蔵さん、渡さん、どんとさん。
そして「だびよんの鳥」アルバムジャケットの絵を
担当した沢田さんと
皆と一緒に思いっきり歌いながら
大好きなお酒を飲んでいるのかなぁ。

なんて思いながら、私もエセビールを頂きました。

倒れたと聞いてから5年目。
寝たきりで闘病していたそうなので
自由になれてよかったよ、、、ね?


一潮さんの歌。
たくさんの人に、聴いて欲しいなぁ。


「だびよんの鳥」


ーご冥福をお祈り致しますー

(17:37)

2011年03月09日

mixiチェック
クリエイトすると言うより
歌がやってくる
私はその源としてある。
美しく精神的なもので
木の前に立ち落ちて行く木の葉に
手を伸ばすような、美しいものです


ーMichael Jacksonー


この動画情報を得たのはFacebookで。
シェアされたものが私のニュースフィードに。
すぐにチェック。
ニコ生のコメント消してじっくり。
聞き手の事情徴収みたいな質問と
誠心誠意で答えているまいこーの
差がなんとも見ていて辛い。
と同時に
調子悪そうなまいこーが
リズムを取りながら口ずさんだり歌ったり
そんな姿が瞬きさせない。

あとからコメントを読む。
腫瘍で口の中を手術した頃の
インタビューではないか?と
書かれていた。
そしてこのインタビューの意図は...

まいこーって
強欲な人たちに利用されて
追いつめられて来たのに
こんなインタビューでさえ
実直に答えてる姿は
なんとも...哀しくて言い難い。

以前、ピアニストが言っていた言葉を思い出した。

「メロディが降りてくるんですよ。
 それを口ずさんでみる。
 次にする事は
 そのメロディが自分の知っている曲の中に
 無いかどうか。
 探すんですよ」


---作曲者ってたいへんね。

1993年11月8日
数時間に及ぶインタビューは
何度も繰り返し見たい。

マイリストに入れたから
今夜ゆっくり見よう。


...

やはりあなたは全てにおいて美しい


(13:03)

2011年01月12日

mixiチェック
気分に酔って音楽を聞き分けることがある。

あ、それはアルコールに酔って・・・かw

酔っぱらうと必ずかけるのが、アレなんだけど
今日の日記は「アレ」は置いといて、、、。



ゆうべ、何気にTwitterを見ているとiTunesjapanのつぶやきから
「佐野元春」の名前が飛び込んで来て、ついポチッとw

普段聞かないミュージシャンだけど
若かりし頃は「ナイアガラトライアングル」をよく聞いていたもんです。

これね


特にね「Bye Bye C-Boy」は繰り返し聴いてました。
なつかしーなー。
「サムデイ」とかあったよね。
他にもタイトル思い出せないけど
聴いたら「あ〜知ってる知ってる!」ってなるんだろうな。

その程度かと言われればそれまでなのですがw

約30年前のレコードを思い出させてくれたこの
「月と専制君主 Boys&Girls version」
シングルなんだけど、アルバムは1月26日に発売なのね。
この他にどんな音楽が詰まっているのか、ちょと気になるん♪


それにしても、なんだ・・・。
青春時代に聴いていた声を、いまでもこうやって新曲として聴けるって
スゴいことなんだろうな〜と思う。

子供の頃聴いていた、懐メロと呼ばれる歌を唄っていた人たちの新曲って
今はもう、聴くことなんて出来ないもんね。




 iTunes Store(Japan)


 iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan) iTunes Store(Japan)



(20:47)

2011年01月08日

mixiチェック
一昨年まで発行していた「おんがくやつうしん」

Vol.3まで出してんだけど、それ以降はすっかりやめてしまって・・・。

心機一転!おんがくやつうしんも復活してみよぉ〜と思い

作ってみました。Vol.4


どうやって配布しよっかなぁ。


おんがくやつうしん4

おんがくやつうしん4の2




リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Mac ソフトのことなら act2.com

Mac ソフトのことなら act2.com

Mac で Windows を動かすなら act2.com

Mac ソフトのことなら act2.com

(23:56)

2011年01月01日

mixiチェック
まいこーの[MICHAEL]を自分へのプレゼントとして楽天ブックスで通販した。

いろんな憶測があったし
死後に出る作品には興味がなかった。
あのジャケットも気に入らなかったし。

でも、せっかくだから買ってみた。
聴いてダメならそれはそれでいいかー。
みたいな気持ちで。

聞き始めたら
一曲一曲に耳が奪われて仕方がなかった。

そうだよな。
まいこーは妥協を許さず曲を
いや作品を完成させる。
たまたまアルバムに入らなかっただけで
世にでなかった作品にがっかりするものなんて
無いんだよなー。

今まで聞くことがなかった曲たちは
まるで新曲みたいに聴こえる。
それだけで、感動する。

スリラーに収められる曲の候補にあった
Behind the mask
もったいないなーって思った。
もし当時、この曲がスリラーの中に入ってたら。
ブックにも書かれていたけど
私もYMOとのコラボレーションを想像してしまった。
まいこーとYMOのコラボステージ
見てみたかったな。

いま、一番好きなのは
Monster
私の好きなまいこーの
魂の痛みを吐くような声が
胸を締め付ける。
きっと怒りと哀しみを歌ったものかも。
和訳を読めばいいんだけど
まだ、読む心構えができていない。

もう少し聞き込んだら
和訳を読んでみよう。

先入観だけで買うのをやめていたら
新しいまいこーに逢えなかった。

私のモンスターは
先入観かもしれないな。



なんつてw

(21:30)

2010年10月20日

mixiチェック
女性のブルースシンガーってあまり見ないライブだから

ちょっとね、気になってたんだ。

だから、昨夜、紋別の有馬馬21まで見に行ったんだ。

長見 順さんていう、声がキンキンしてない

私の好きな声を持つ人だったんだ。

それに、細くてね。

ノリが良くて。

女オンナしてなくて。

でも、キレイな人なんだ。

ニューヨーク生まれのニューヨーク育ちと同じような

東京生まれの東京育ちな人なのに

都会人ぽさの中に、地域ぽさがあって

とても親しみやすい唄を歌う人だったんだ。

プロフィール読んだら

え?え?え?そーなの?そーだったの!?

って、スゴク驚いたんだ。

だから、ステージが楽しみだったんだけど

楽しくてね。

ちょっとね。

良かったんだ。


お酒も強くてね。

一緒に飲んでたら、撃沈。


またひとり

ステキな女性ブルースシンガーに出会ったよ。

今日は二日酔いでしんどかったけどネ。

まだ、胃が燃えてるようにジンジンしてるょ。

懲りないネ。

ごめんね。


さぁ。

明日から、またがんばろう!

マダムギター長見 順さん。

ありがと〜♪


それと・・・


有馬馬21のマスターとママさん。

たいへんお世話になりました。

酔っ払いの介抱していただいたのに

お宅のブロック塀に左目をぶつけてごめんなさい・・・(汗)




1
2
3

マダムギター 長見 順 公式サイト

(21:14)

2010年07月14日

mixiチェック
剥がしたくなかったフィルムを剥がす。

開けたくなかったケースを開ける。

出したくなかったCDを出す。

入れたくなかったプレイヤーに入れる。

押したくなかったプレイを押す。

聞きたくなかった唄が流れる。

―― やっぱりね。

泣いてしまうと思ったんだ。


〜伊太地山伝兵衛&石井康二Duoアルバム〜薄利多売〜
1年ぶりの新作は盟友、石井康二と初のDUO ALBUM

『年に200もライブをやる俺たちを
あなたはどんな想いでむかえてくれてるんだろう』
−伊太地山伝兵衛−

php













- Musician -
伊太地山伝兵衛 (Vo.G)
石井康二 (B)

- Guest Musician -
成谷仁志(VIO)
蒲谷克典(CELO)

2010年6月11日リリース

絶賛通販なぅ
【薄利多売】mixiアンケート実施中♪

〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜


【ENCORE】をリリースしてからちょうど一年。
伝兵衛さんは「60本ツアー」のために毎年一枚リリースしている。
去年は実際にライブのアンコールでよく唄う歌が収録されていたけど
新曲が無かったので今年のアルバムはちょっと楽しみだった。

新曲が出来たらそのツアーでは唄うけど
次のツアーでは歌わない曲もあるから
ツアーのたびに聴きに行かないと
生で唄う新曲を聴きそびれてしまう。

この【薄利多売】も新曲が入ってるけど
来年のツアーで唄うとは限らないから
今年のツアーでちゃんと聴かなきゃな!って思う。

60本ツアーに北海道は組み込まれていなかったけど
9月に5ヶ所ほど回る予定なので楽しみにしている。

9月15日伊達・16日札幌・17〜18日苫小牧・19日帯広・20日釧路

会場・時間・料金・問合せ等の詳細は後日お知らせしますゆえ
お近くの方はぜし!w
続きを読む

(15:52)